【出会い系体験談】YYCで出会った茨城の加藤ローサ19歳

【YYC体験談】美女に出会いに茨城まで行ったお話

お疲れ様です。こんにちは!

出会い系サイトでの苦い思い出を一つ思い出したので記事にしました。

今回は、私がYYCで出会った女性の為に茨城県まで行ったお話です。

はじまりはじまり~

YYCで出会いを探してみる

以前、ハッピーメールデビューしたお話をしましたが、その後も諦めずにハッピーメールを利用し続け、実はハッピーメールで何人かの女性と出会うこ事に成功していました。

【出会い系体験談】ハッピーメールで出会ったナナちゃん19歳

2018年1月13日

その内何人かとはあんな事やこんな事も・・・

しかし、彼女を探すために出会い系サイトを利用している私は、ハッピーメールで出会う女性は遊ぶには良いのだけど、
なかなか彼女候補にはならないと思い、また違う出会い系サイトに登録してみる事にしました。
※別にハッピーメールでは彼女が見つからないと言っている訳ではないです。ただ私のタイプではなかっただけです。

そこで今度見つけたのはYYCというサイト。

もう出会い系サイトの登録にためらいがない私は即効で登録しました。
YYCに登録してすぐに思う事が・・・

めっちゃピュア!

ハッピーメールでもPCMAXと比べてピュアな出会い系サイトの印象でしたが、YYCはそれを超えるピュアさでした。

当時はまだ今ほど恋活サイトが盛んではなかったので、出会い系サイトで一生懸命彼女を探していました。

通常の出会い系サイトはアダルトな要素が強い印象ですが、YYCではまったくそういった印象は感じられず、彼女が見つかる期待に胸が膨らみました。

そこで見つけた一人の美女

YYCの掲示板には「彼女募集」というカテゴリーがあります。

そこで、関東近辺で絞って探していると・・・

いました!!

超かわいい私好みの子が!

ニックネーム :ミキ
年齢 :19歳
職業 :事務職
身長 :160cm
スタイル :普通
顔のタイプ :加藤ローサっぽい(私の印象)

私の好みはハーフ顔の子。そして細すぎず健康的な子。彼女の写真、プロフィールは私のドストライクでした。

可愛かったので業者ではないか・・と少し疑いながらもメールしてみることに。

はじめまして小林と言います。自分と年齢が一緒で気になりました。YYCはよく利用するのですか?

今回は、いつもとパターンを変えてメッセージを送ってみました。

そして待つこと3時間・・・
返信が来ました!

ミキちゃん
はじめまして。同じ19歳ですね。よろしくお願いします。YYCは始めたばかりです♪

お互いYYC初心者!やったー

同い年、YYC初心者という共通点で話が盛り上がりそうです!

そして何回かメッセージ交換をした後に食事デートに誘ってみました。

今度、一緒にお食事でもしませんか?
ミキちゃん
はい。でも私茨城の牛久ですが大丈夫ですか?埼玉ですよね?

あ~茨城か・・・そこ見落としていた・・・しかも来いと・・・

茨城は、私が住んでいる地域から車で約2時間程。私は当時まだ車も持っていなかったので電車で行かなくてはいけません。
てっきりいつものように都内で出会えるのかと思っていました・・・

電車だと約3時間。遠いなおい!!

でもせっかくだし。もしかしたら彼女にできるかも!の思いで私は茨城まで彼女に会いに行くことを決意しました。

彼女も驚き気味でしたが、翌週の週末に会う事になり、彼女が地元の牛久を案内してくれることになりました。

こりゃ来たな!こりゃ来たぞ!絶対このチャンスを逃さないぜ!

私はめちゃめちゃ意気込んでいました。

牛久デート

そして当日私は予定通りに時間をかけ牛久に到着しました。

はたしては彼女は現れてくれるのか!!??

現れました!!

彼女はほぼプロフィールの写真そのままでした。
純粋に彼女を作りに来たのに私の息子はパンパンです!

こんにちはミキさん
ミキちゃん
同い年だからさんとかやめて~

ノリも良さそうでいい感じ!ちょっとヤンチャそうな所もまた良い!

本人を目の前にして息子の爆発を抑えられない私は、今夜どのように夜を誘うかの事で頭がいっぱいでした。

彼女はマイカーで来てくれていました。

彼女が車で連れて行ってくれたデートコースは

あみプレミアムアウトレットで食事⇒牛久大仏見学⇒牛久にある公園で散歩

可愛い子とのデートなので終始とっても楽しかったです。雰囲気もいい感じ。手ごたえはありました。

しかし、本来の目的を忘れ冷静さに欠いていた私は、彼女と過ごす夜の事で頭がいっぱい。

夕暮れの公園でこのまま夜まで誘っちゃおう!

一度決心したらもう衝動は抑えられませんでした。

「この後、どこかでディナーして今日はここに泊まっていいかな?」

「どこに泊まるの?」

「ホテルとか?」

「・・・いやでも、今日会ったばっかりだし。私はもう帰るわ。」

ヤッテ シ マッ タ・・

フラれました。

私は、素直に実家の埼玉に電車に揺られて帰りました。

帰った後何度かメール交換はできたのですが、結局二度と合う事は有りませんでした。

これが私の苦くて思い出深いYYCデビューです。

今では違う女性と結婚しましたが、今でもたまに加藤ローサ似の彼女を物にできなかった事を悔しく思う事があります。