シンママが新たな出会いを見つけるアプリ♪marrish(マリッシュ)を正直評価!

シンママが新たな出会いを見つけるアプリ♪marrish(マリッシュ)を正直評価!

今回は恋活・婚活サイトのmarrish(マリッシュ)を紹介します。

マリッシュは2016年11月からサービスを開始した、新しい恋活・婚活サービスです。
しかし、独自のサービスとクリーンなサイトイメージからサービス開始1年足らずですでに累計会員数6万人を突破しています。

今回は新しくて勢いのある恋活・婚活サイトのマリッシュの特徴を紹介します。

マリッシュの特徴

  1. 再婚・シングルママを応援する制度がある
  2. 30代、40代の会員比率が高い
  3. 安全性に力を入れていて質の高い会員が多い
  4. ポイントと定額制の選択が可能
  5. Facebookと連動しなくてもOK
  6. いいねの付与数が多い
  7. 親切なサービス 

一つづつ詳しく説明します。

再婚・シングルママを応援する制度

マリッシュには離婚歴がある人やシングルママ、シングルパパが優遇される制度があります。
これがマリッシュの最大の特徴かもしれません。
どんな優遇が受けれるかというと・・

毎日のいいね付与数
女性:いいね/日 → 10いいね/日
男性:5いいね/日 → 10いいね/日

☑連続ログインボーナス
3いいね/3日連続ログイン→5いいね/3日連続ログイン

☑購入ポイント増量
6980円=100pt→105pt
9980円=150pt→160pt
19800円=300pt→330pt
32500円=500pt→550pt

☑優先表示

相手に表示される確率が高く設定されます。

☑再婚者応援マーク

再婚者を応援する人は、このようなマークをプロフィールに表示する事が出来ます。これにより応援者は再婚者とのマッチング率を上げる事ができます。再婚者は再婚者を応援している人を絞って検索する事が出来ます。

再婚者かどうかはプロフィールの登録状況で判断します。バツイチだけどもう一度恋や結婚に挑戦したいという人はマリッシュなら気兼ねなく始められるかもしれません。

いいね!マッチング「マリッシュ」
シンパパ&シンママ優遇制度あり/R18

マリッシュの会員数、年齢比率

マリッシュは会員数を正式に公表していません。
恋活・婚活サイトによっては会員数や男女比率を公表しているサイトも有りますが、マリッシュでは公表していないので今回私が地道に会員数をカウントしてみました!(2017年10月22日時会員数)
私が男なので女性の会員数と年齢比率を調べました。また、今回東京、大阪、愛知、福岡と大都市に絞ってカウントしました。また暇があれば他の都市も調べてみます。

こうやって見てみると、どの都市でもマリッシュでは30代、40代の登録者比率が高い事が分かります。再婚者を応援している、婚活を応援しているサイトなのでこのような年齢比率になっているのでしょう。

会員数は有名サイトのPairsなどと比べると多くないようです
しかし、少ないといえど合コンなどに参加するより断然多くの人と知り合えるチャンスがあります。
また、会員数が多い=ライバルが多い という事にもなります。
会員数が多ければ当然選択肢は広がりますが、全員と合うわけでもないのでマリッシュの現在の登録人数でも恋活するには十分な会員数です。
今回は都市に絞って会員数を紹介していますが、関東圏、関西圏など範囲を広げて検索すればもっと選択肢は広がります。

安全性に力を入れている

マリッシュでは匿名制の恋活サイトという事で24時間サポート体制などサイトの安全性確保にも力を入れています。
そのせいか、マリッシュの登録者は恋に真剣で質の高い会員が多い印象です。
他のサイトではアイドルやモデルの写真を転載しているような業者っぽい人をチラホラ見かけますが、マリッシュではそのような人はほとんど見かけません。

詳しい安全性については別記事で紹介しています。

マリッシュが気になる方必見!マリッシュのサクラ女性の正体暴露!【口コミまとめ】

2018年8月31日

ポイント制と定額制の選択が可能

マリッシュの料金制度

登録: 無料
女性: 完全無料
男性: 定額制 or ポイント制

恋活サイトでは月額定額制が定番です。
定額制は定額支払えば使い放題というメリットが有りますが、使用量に関わらず料金が発生してしまいます。

マリッシュでは定番の定額制を選ぶ事も出来ますし、お試し利用やちょびちょび使いができるポイント制の選択も出来ます。
ポイントは事前に必要なポイント数を決済する前払い制なので使いすぎて逆に高額請求になってしまう心配はありません。

詳しい料金システムについてはこちらで説明しています。

マリッシュ料金解説! 無料会員で何が出来る?マリッシュは男性も無料!?

2017年10月26日

Facebook連携が必要ない

最近恋活サイトでは会員の信憑性や安全性を確保するために実名制のFacebookとの連携を強制するサイトが増えています。

Facebook連携制ではFacebookのプロフィール情報や写真がそのまま恋活サイトに反映され会員の情報の信ぴょう性が高くなるといったメリットがあります。また、Facebookと連携していてもFacebook上の友達にバレないようなシステムになっているので安心して利用できます。

しかし、それでもFacebookと連携されるのは嫌だ。Facebookのアカウントを持っていないという人の為に、マリッシュではFacebookアカウントを使用しなくても登録できるようになっています。

Facebook連携が必要ない事が30代、40代の会員比率が高くなっている理由の1つかもしれません。

マリッシュの詳しい登録方法についてはこちらを参考にして下さい。

marrish(マリッシュ)の登録方法~無料ポイントゲットの巻

2017年10月26日

いいねの付与数が多い

「いいね」とは友達申請のような機能です。恋活サイトでは気になる相手にいいねを送り、相手からもいいねが返ってこればマッチング成立となり、相手と連絡が取れるようになります。

この「いいね」が付与される数はサイトによって異なりますが、月に30前後が普通です。

マリッシュでは毎日7回分のいいねが付与されます。毎日7回までと制限されていますが、月にすれば210回分のいいねがもらえる事になります。通常のサイトの7倍のいいねが付与されるのです。
いいねの数だけ出会いのチャンスが広がりますね。

さらにこのいいねの付与は無料、有料に限らず全員に付与されます。マリッシュは無料会員でも継続して活動する事が可能なんです!詳しい料金システムについてはこちら

その他マリッシュの特徴

その他、マリッシュの特徴を紹介します。

特別プロフィール

特別プロフィールとは、通常のプロフィールとは違い、相手のより踏み入った情報を知る事ができるプロフィールです。特別なプロフィールを見る代わりにポイントを消費する必要があります。このようなサービスはどの恋活サイトでもよく採用しているサービスです。

マリッシュでも特別プロフィールを1ptの消費で見る事ができるようになっています。
では、何が特別なのでしょうか?

マリッシュでは相手の特別プロフィールがどれだけ公開されているのか事前に教えてくれるのです。

実は他のサイトでは、特別プロフィールが見たくてポイントを消費しクリックしても本人が特別プロフィールをあまり公開しておらずポイントを無駄に消費する事が少なくありません。

しかし、マリッシュではこのように事前に情報数を教えてくれるので無駄にポイントを消費する事が少なくなります
このサービスに私はとてもマリッシュの親切心を感じました。
いいね!から始まるいまドキの
恋婚スタイル「マリッシュ」/R18

動画プロフィール


マリッシュではプロフィール写真に写真だけではなく、プロフィール動画を載せる事も出来ます
写真だけでは1カットのみしか相手に伝える事ができませんが、動画なら色々な表情を見せる事ができます。
また、自慢の声を相手にアピールする事も出来ちゃいます。
これはマリッシュの独自の特徴です。

しかし、私が現在利用している中で動画をプロフィールに載せている人はほとんど見かけていません・・・良くも悪くも伝わり過ぎてしまうので利用を避けているのかもしれません。

無料ユーザーでも出会う事も!

料金の項目で無料ユーザーにもいいねが毎日付与されるという説明をしました。

しかし、いいねだけではマッチングができてもその後のメッセージ交換を行う事が出来ません。
通常、他の恋活サイトの無料登録で出来る事はマッチング成立までです。それ以降発展させたければ有料会員にならないといけません。

しかし、マリッシュでは違います。マリッシュでは無料登録時に9pt。またプロフィールの登録や年齢確認などで各5pt、毎日のログインで1ptもらえたりと無料会員でも無料でポイントがもらえるチャンスが沢山あります
そして貰ったポイントを利用して無料会員の場合5ptで1通のメッセージを送る事ができます。(有料ポイント制会員の場合は1通=1pt)

いいねは毎日無料で貰えるので、無料で貰えるポイントを有効に活用をすれば無料で恋活をする事も可能なのです!

いかがでしたでしょうか?

マリッシュは新しい恋活サイトですが、再婚者に優しく、無料で使える機能も多いため初心者にも優しい非常に使い易い恋活サイトになっています。

まだ会員数は発展途中ですが、それをカバーする魅力的なサービスがある登録価値のある恋活サイトです。