【重要】恋活サイトの登録に必要な6つの条件

恋活サイトの登録前に6つの条件

恋活サイトに登録したいけど、ちょっと抵抗が・・・

恋活サイトなんて始めてしまえばヘのカッパです!

迷っている時間がなんてもったいない!

今の時代、SNSで出会いが広がるぐらいなので恋活サイトで出会いを見つける事なんてなんもおかしくありません。

出会いがなくて否定的になっている人は、文句を言わずにまず恋活サイトを始めてみましょう。

ネットなら出会いが無限大に広がりますよ。

恋活サイトに登録するには、いくつか条件やハードルがありますが、これさえ超えていれば簡単です!↓↓

①18歳以上である事

恋愛は自由です。

しかし、恋活サイトへの登録は18歳以上でないといけません。

中には、22歳以上~というサイトや30代、40代限定のサイトもあります。
ですが、ほとんどは18歳以上である事が条件です。

これは、「出会い系サイト規制法」という法律で規制されているのです。

出会い系サイト規制法の目的

この法律は、出会い系サイトの利用に起因する児童買春その他の犯罪から児童を保護し、もって児童の健全な育成に資することを目的としています。

出会い系サイト(インターネット異性紹介事業)の定義

「インターネット異性紹介事業」とは、以下の4要件をすべて満たす事業をいいます。
面識のない異性との交際を希望する者(異性交際希望者といいます。)の求めに応じて、その者の異性交際に関する情報をインターネット上の電子掲示板に掲載するサービスを提供していること。
異性交際希望者の異性交際に関する情報を公衆が閲覧できるサービスであること。
インターネット上の電子掲示板に掲載された情報を閲覧した異性交際希望者が、その情報を掲載した異性交際希望者と電子メール等を利用して相互に連絡することができるようにするサービスであること。
有償、無償を問わず、これらのサービスを反復継続して提供していること。

警視庁サイバー犯罪対策ページ参照

恋活サイトは出会い系サイトとは違うのですが、インターネットを介して異性を紹介する点でこの規制の対象となります。

恋活サイトでは、18歳以上である事を確認するために、身分証明書を用いて年齢確認する事が義務付けられています。

利用者は健康保険証や運転免許証、パスポートなりを登録サイトに提出する必要があるのです。

原本を直接提出するのではなく、現代らしくスマホで証明書の写真を撮って送付する事も可能です。

本名や住所は伏せる事が可能です。個人情報の漏れが気になる人はこのようにして署名所の写真を撮り送信しましょう。

登録サイトが確認する項目は以下の3点です。

ア 年齢又は生年月日
イ 書面の名称
ウ 書面の発行・発給者の名称

このようにおうな不要な部分は隠して証明書の写真を送付出来ます。

それでも、証明書の提出が気になるという人はクレジットカードで有料登録するという方法もあります。
しかし、これは少額からでも有料登録を必然的にすることになります。無料会員で試してから有料登録したいという人は、証明書で年齢確認をして下さい。

②独身である事

当たり前ではありますが、恋活サイト、婚活サイトというのは、不倫相手を探す場所ではありません。

もし、そういった目的で登録している人はいわゆる出会い系サイトに登録しましょう。

恋活サイトに登録している会員の目的は純愛や結婚相手を探す事です。

別に既婚者が登録できない事はないのですが、モラル的にどうでしょう・・・
離婚してから登録して下さい!

ちなみに、独身が条件と言っているだけで、再婚はダメとは言っていません。再婚目的で利用する人も多数います。
再婚者を応援する恋活サイトも存在します。

最近では、ペアーズなどFacebookアカウントとの連帯が必要なサイトも多くなってきています。

そういったサイトでは、Facebookのプロフィールを紐づけるため、Facebookのプロフィールが既婚や恋人がいる状態だと登録できないようになっています。

③スマホ


もう今では当たり前ですよね。

スマホがあればすべて完結です。もちろん無ければ無いで大丈夫ですが、有った方が断然使い易いです。

簡単に言うとFacebookをPCで利用しますか?スマホで利用しますか?

恋活サイトの作りや操作性はFacebookと似ています。

Facebookをスマホで利用するように恋活サイトもスマホで利用する方が便利です。

  • 登録はスマホから
  • プロフィール写真の登録もスマホ
  • 年齢確認用の書類送信もスマホ
  • プロフィール検索もスマホ
  • メッセージ交換もスマホ

逆にスマホではなく、PCから利用していると写真撮るためにデジカメで撮ってデータを移動したりなんなりで色々面倒です。
スマホなら一台ですべてが出来てしまいます。また、アプリでしかない恋活サイトもあります。

相手とのメッセージ交換をするときもスマホならリアルタイムで出来ますが、PCの場合いつでもできるとは限りません。
メッセージへの反応の速さは相手への興味の度合いを示す事にもなるので、良い相手ならばなるべく早く返信したいものです。

④ネット上で知り合った人と出会える勇気

これが一番のネックになっている人が多いんじゃないでしょうか?

ただでさえ、合コンや婚活パーティで初対面の人と出会うのも緊張するのに、ネットのプロフィールを見ただけの人と会うなんて・・・

確かに私もそうでした。

でも初対面の人と合うという点では、合コンもネットの出会いも同じ!

むしろ、ネット恋活は事前にお互いのプロフィール情報も顔も分かります。

合コンや婚活パーティは出会うまでお互いの中身を知らなければ顔も分かりません。もし、タイプでない人だったらその時間は最悪です。

そう考えると事前に情報交換できる恋活サイトはとっても便利で効率的ではありませんか?

嫌なら合わない。気になるなら合えばいいのです。

というかむしろ、気になる人を見つけちゃったらもう会ってみたくてしかたなくなると思いますよ・・・w

⑤自分をさらけ出す勇気

恋活サイトは出会い系ではありません。

出会い系ならば、1日限りの出会いもありなので自分の素性を隠す事もできます。

恋活サイトは真剣な恋を探す場なので、偽りのプロフィールでは相手に失礼です。

また、長く付き合えばすぐにバレてしまいます。

恋活サイトでは、なるべく背伸びせずにありのままの自分を表現しましょう。

ネガティブな方もチャンスが有るのがネット恋活の良さです。

ありのままの自分を好きになってくれる人がきっといますよ。

プロフィールを偽る以前に、自分のプロフィールや写真を載せるのに抵抗がある人もいるかもしれません。

でも、恋活サイトでプロフィールがスカスカな人はまず見向きもされません。

写真がない人はアクセスすらないでしょう。

恋活サイトの会員はみんな、共通の意識を持った人達です。みんな同類です。恥ずかしさなんてまったく必要ありません。

素性が分からない人と出会いたいですか?

相手がどんな人か分かって初めて会ってみたいとなるはずです。

出会ってみてイメージと違ったならば次はないでしょう。

何度も言いますが、出会いのチャンスを広げるのに大事なことは自分をさらけ出す事です。

※名前は匿名全然オッケーです。むしろみなさんニックネームで登録します。

⑥Facebook友達10人以上

これは、すべての恋活サイトに必要な条件ではありません。

PairsmatchbookのようなFacebookのアカウントと連携を必要とするサイトのみの条件です。

このようなサイトはただFacebookアカウントを持って入れば登録できるのではなく、最低友達が10人以上いる事が条件になっているのです。これは、会員の質とサイトの安全性を守るために決まっている条件です。

10人以下で登録しようとすると断られてしまします。

なので、もし日本最大の恋活サイトであるPairsに登録したければ、まずFacebookで友達10人を作りましょう。

まあ、Facebook利用者なら10人ぐらいは軽く超えていると思いますが、Facebookを始めたばかりの人で友達10人いない人は、Faceook上のコミュニティの「友達募集コミュニティ」がおすすめです。

このコミュニティメンバーは友達募集中の人ばかりなのですぐに友達を増やすことができます。
友達募集コミュニティに参加してコミュニティメンバーに積極的に友達申請をしましょう。

一見、めんどくさそうな恋活サイトですが、このタイプの恋活サイトの最大のメリットはFacebook上の友達にバレないという事です。

友達や会社の同僚や上司、家族の人とかに恋活サイトに登録するのが万が一バレたら・・・恥ずかしい・・・

という人もいますよね。そういう人にはFacebookと連携する恋活サイトがおすすめです。

万が一、知り合いが同じ恋活サイトに登録していてもFacebook上の友達は表示されないシステムになっているのです!

これなら、恋活サイトに登録するハードルも少し下がりませんか?

最後に

いかがでしたでしょうか?

恋活サイトで恋活や婚活をする事はまったく恥ずかしい事でもなく、難しい事でもありません。

ちょっとの気持ちの抵抗が無くなってしまえば、出会いはより効率的にそしてチャンスが何倍にもなるのです。

私自身も恋活サイトで出会った女性と結婚しました。

合コンで出会う相手、お見合いで出会う相手、知り合いの紹介で出会う相手、会社で出会う相手、学校で出会う相手、ネットで出会う相手。

何が違いますか?

媒体やきっかけが違うだけです。

みんなきっかけ無しに出会いなんて生まれません。

きっかけなんてなんでもいいです。

大事なのは出会う相手です。